カテゴリ:モンゴル - Mongolia( 11 )

においのはなし  と  アンハのこと


5分前

この秋初めて、灯油ストーブに点火

たまりません このにおい

もー気絶しそうに しあわせ




ストーブに着火すると、ちっちゃいころからの家のあったかい思い出がぶわっとよみがえる

たまらなぃ気持ちになってもだえてしまう ほんとうに身もだえするほど幸せ



へんな子 と親は言うけど





少しはなれたところから漂うたばこのにおいも好き

私の周りの好きな人たちが吸ってた匂いだから 臭いとは思わない

父ちゃんの匂い 彼の匂い 寮の窓からただよってくる匂い いい思い出のにおい



冬はいいにおいが遠くから運ばれてくるから いいねぇ




夏の匂いといえば ココナツの洗剤の匂いも好き

ココナツの洗剤で手洗いした服の匂い

トーキョーではぜったいにかげない 幸せの匂い


あまずっぱー・・・





*************************************
HYL,

thanks for the gift, cute cute bath form
(my cat loves its smell)

Im writing a letter, not Email, to you tonight
   i started writing this last night but still cant finish

ayy i miss you so much

i wanna live in F-wing again
         where i can see you in 1 min after sending a text message

*************************************


去年、わたしやアノジュンがよく知っている モンゴルの男の子が亡くなった

日本人の名前を自分でつけてる男の子 調子がよくて根暗で良く分からない子

亡くなったって

その理由を聞いて 気が遠くなった 


すごく悲しい事実だったのに、
とっさに「もしかしたらありうる、仕方ないこと」として心の中で整理した

自分の心がえぐられないように 



本当はやりきれないことで 切なくてしかたない

どうして

どうして彼は 彼の人生は こんなに苦しいまま終わっちゃったのか

19歳まで生きたのに。

あるいは20歳になっていたかも


神さまは彼への重荷のかけ方を間違えてたと思う


**

そんなふうに、彼の死の理由を聞いたのが、今年の夏。


そして昨日、その死についてよく知る人から、もう一度詳しく聞いた。

いろんな情報があるみたいだけど

もしかしたら 彼の死の事実は 私たちが思っているのと違うかもしれない

私たちが驚いたように

彼も 驚きながら亡くなったかもしれない


死なないでほしかったけど

せめて その死が、 突然やってきたものであったなら


・・・あったならどうとか、 そういう問題じゃないけれど、

それでも 

願わないではいられない。



**


実はもう一人 女の子が亡くなっていた

昨日初めて知った


細くて小さくて ほかの子たちと同様に 実年齢よりはるかに幼くみえる女の子

大人たちやボランティアが何を考えてるか察するのが早い彼女


彼女の具合が急に悪くなって病院に連れて行ったとき

腎臓病はもう手がつけられないほど悪化していた

手術もできなくて 3日後に病院で亡くなってしまった


モンゴルの子どもたちにとっては おそらく よくあるケースかもしれない

でも

もし施設が政府からもらっているお金をきちんと運用して

子どもたちにMedical Screeningを受けさせていたら

きちんとバランスの取れた食事を提供できていたら

もし 彼ら彼女らが 別の慈善団体や個人の運営するシェルターにいたなら

あの子たちは助かっていたかもしれない



やりきれない気持ちになるのは わたしじゃなくて 子どもたち自身や

まわりにいるやさしい大人たち、先生たち、NGO職員、

そして生きているかも 死んでいるかもしれない彼らの家族


彼らの毎日の苦しい気持ち 心がすさむような毎日の出来事

悲しみに負けられないくらいに次々起こる悲しいこと


そういうものは どうやったら減るんだろう




幸せと不幸は 引き換えじゃないと信じている

誰かの幸せが 別の誰かの辛い出来事の上にあるって

そういうこともある けど でもそればかりじゃないと思う


だから 

私の大切なひとたちの辛いことを減らしたい

遠くにいるモンゴルの子どもたちのことだけじゃなく

私の周りにいる みんなのこと



生死のあやうい線上にいる子どもたちのことが いちばん気がかりだけれども
[PR]

by damekochan | 2009-10-26 22:18 | モンゴル - Mongolia

きく


人の話を聞くことがすきになった


前は 自分に語っているひとの話を聞いてるフリをしたり、

フリをするにも飽きちゃって その場からsnake outすることも多かったんだけど、

このごろ 誰の話も 本当に面白く聞けるようになってきた



多分 自分の興味の幅が広がってきたせいかしら

あと 人の話から得る情報や学びがけっこう有益だと実感してきたからかも

(↑なんか偉そうなモノ言いだけど。笑)


なんにせよ いいことだなぁって  嬉しい。





でも、聞き方がどうもヘタみたい。
ラジオを聴いてるみたいに 無反応になっちゃう

相手が安心して話せるように相槌をうったり、
話がスムーズに進むようにチョット質問したりすること 大事だと思うんだけど

むつかしいねぇー



今年の課題はいちおう OUT PUT だけど

聞き上手にもなりたいです。



今日焼いた プルーンのパン

c0106084_18552875.jpg

今度は自然酵母作りに挑戦するぞー
[PR]

by damekochan | 2009-09-23 18:56 | モンゴル - Mongolia

恩返しを


恩返しをしたい

いつでも助太刀したい

毎日笑っていてほしいと




心から願っている







                        いるんだけど、現状はきびしいなぁ   








                       




私のモンゴルへの3年越しの情熱は いまも燃えてます

子どもたちからのメールを読んだり
施設を卒業した友だちからのメールを読んだり
最近モンゴルへ行った友人から近況を伝えられたりしたとき、

あの風の匂いや、子ども達の乾燥した肌を思い出して切なくなる。


たった3回の滞在 9週間に及ばない短い現地での生活が

私のこれからの生きかたを導こうとしてるなんて  ねぇ










c0106084_017348.jpg













この怒濤の5日間で考えたことがいっぱいある。

詳しくは書かないけれど、私たちが5日間でしたことが彼女を救えたなら、
                      たった一年だけでもSaveできたなら、それでいい。




一人の力の小ささとか

仲間がいることの心強さとか

心の中に大切な人がいることのありがたさ とか いろいろ。

あ あと自分の将来とか。 とりあえず25歳が目安かな、とか。なんの目安でしょう。笑











そんな感じ。







仕事はあんまり慣れなくて いまだに緊張してます

でも へっぽこなりに自分のペースでがんばってます






仕事の日以外も わりと活動的かな

笑っちゃうような話とか 聞いてほしい話とか

感動したこととか いろいろあるんだけど なかなか日記に書けなくてなぁ





書かないとすぐに忘れちゃうのに









あぁ こころのなかで語りかけたことが どんなに遠くにいる人にでも 伝われば良いのにな


c0106084_22261222.jpg

[PR]

by damekochan | 2008-05-22 22:36 | モンゴル - Mongolia

the fact behind


New back image of Xmas though it's still November <3
it's like in the Philippines, where Xmas starts in September :D


c0106084_10535.jpg



I found an online news about Mongolian street children.
It's about a shocking fact behind the "reducing"number of street children inMongolia. I've read this before in some articles, it's really painful situation. And we need to note that the same situation is occuring in many countries in Asia, Africa, Latin America, and even in Eastern Europe.

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2258490/1855297
(from AFPBB News  July23,2007)

↑モンゴルのストリートチルドレンが最近減ってきたという認識に対して、その裏には女の子の誘拐と性労働が関係していることを訴えたニュース。論文ではよく言われているけれど、ニュースでこうしてとりあげているのはあまり見かけないのでちょっと紹介。
子どもの誘拐と性労働はいろんな貧しい地域で起きている問題だけど、自分が関わってきた子どもたちと同じ境遇にあるたくさんの子どもがこういう危険にさらされているんだなぁって思うと、ますます胸が痛い。








              **モッズヘア シャンプーの品格**


モッズヘアとかヴィダルサスーンはちょっといいブランドだと思ってたけど
わたしはいつも無添加っぽいのとか石鹸で髪の毛洗ってたから、使ったことはなくって、

でも最近 石鹸の使いすぎで髪がよじれてきたので
この間モッズヘアのstraighten効果のあるシャンプーを買ってみた

そして気づいたことは

フィリピンのSun Silk とまったく同じ匂いがする


匂いが一緒なだけなんだろうけど 実際髪もまっすぐになってきたけど
でも、もう以前抱いていた高級なイメージは消えてしまった

                         んんんん次はまた無添加石鹸で洗おう
[PR]

by damekochan | 2007-11-24 01:03 | モンゴル - Mongolia

Picture of Mongolia 2005-2006


2年前の夏と
去年の春に行ったモンゴルの写真


フィルムで撮影してまとめてプリントしたっきりほうっておいたネガを
やっと最近 データにおこした

子どもにあげるために日付設定して撮ったので
雪原や人の体にオレンジの日時がかぶっちゃってるのが残念だけど

日差しや影、人の表情が暖かい雰囲気に仕上がってるのを見て
フィルムってデジカメとはまた違う味があるんだなぁと思った


those pics are ones i took in Mongolia in 2005 summer and 2006 spring.
Last Friday I finally brought films of those pics to Photo shop to burn data on CD. I should've done this earlier, since i found some films are missing already... I can't find them anywhere in my room ;_; mmmm..


Looking at those pictures i can't believe it's 2 years ago that i visited them at the first time. My first experience to stay with kids in the orphanage was too strong and my heart still can't leave them.



            ****** 2005 August ******

kids playing basketball @ summer camp in khandgait (mountain place)
カンガイ、という森林地帯にキッズキャンプがあります
ひたすら遊び続けるワークキャンプです
c0106084_2247735.jpg


いつも帽子やバンダナをかぶってるバイラー
c0106084_22492514.jpg


i think the one standing behind is... me  顔近いよっ
c0106084_22513299.jpg



Gereitsetseg n Odmaa( shampoo is on her forehead)
c0106084_22523199.jpg



ビャンバ幼いなぁ
c0106084_22544623.jpg



w/ Miega    a boy of "your ster and my ster"
すごい すごい素敵な言葉を教えてくれたミーガ
c0106084_22554859.jpg




          ****** 2006 Feb & March ******



Zaya n Odongo
c0106084_22571560.jpg



Mooloo  いつもふわーって笑ってる女の子
c0106084_2258467.jpg



Sone's harem @ girls' school そねうれしそうだなぁ
c0106084_22592712.jpg



snow field near little gobi (short trip on weekend)
c0106084_2305211.jpg



after riding hose
c0106084_2315333.jpg



nakakahiya...  it was -20 degree outside but scenery was so beautiful
c0106084_2333748.jpg



ゲルの主のボル爺さん an old guy ( the orner of GER HOUSE)
c0106084_2364621.jpg



Eri's peinting 
c0106084_2375911.jpg



Olivia and Ankhaa
c0106084_2385861.jpg



Och,Zulkhuu,Tsendee  私の中では永遠の純粋トリオ
c0106084_2395224.jpg



みんな同じ年に見えるのは気のせいだろうか
c0106084_23115899.jpg



Shy girls behind...
c0106084_23124888.jpg



still shy?
c0106084_23133588.jpg



her smile gives me a feeling of ease
c0106084_23141750.jpg



members of English class 2006 このクラスで授業をしたんだよ
c0106084_231527.jpg



woolen box
c0106084_23165353.jpg



2年前と 去年は
こんなかんじのモンゴル生活を送ってました

ん~~~ みんな幼いな
私も幼いな

でも 別に懐かしいとかは思わなくって
つい最近のことな気がしてる  直接じゃなくても なんだかんだ関わっているからだろうか




見当たらないフィルムがあと2,3本あるので、早く見つけてCDに焼きたいな
[PR]

by damekochan | 2007-10-28 23:26 | モンゴル - Mongolia

International train from Beijing-UB モンゴルへの道


before i forget to say:

Dear campers in the farm, Thank you so much for all your kidness.

I learned a lot through our work and talking with you guys. Now our 2weeks of stay in the farm has become unforgettable for me. I miss you, and hope to see you all someday.

前のブログにもいっぱい写真のっけてある日本人のキャンプメンバーのみんな(無断掲載だけど)、2週間+α 本当にどうもありがとう。 みんなと一緒に生活して、子供の事話して、いっぱい学びました。



I had a trip from Beijing-Ulaanbaatar-Beijing by train with my friend, Hatsumi. めっちゃしっかりもので笑い上戸で頼りになる女の子でした。

I troubled her a lot but she never got angry (at least showed that to me...) at me! ほんといっぱい迷惑かけてゴメンネ!and 一緒に旅できた良かったです。ありがとう☆





here are some pictures of the way from Beijing - Ulaanbaatar.

Beijing station entrance 北京駅。いかつそうだけど、セキュリティはゆるゆる
c0106084_212371.jpg


at the platform 乗車直前。
c0106084_214670.jpg


from Beijing - UB! 行き先あってます!
c0106084_21565.jpg


the compartment was for 4 people but we were only two in the room
4人部屋だったけど、残りの二人が来なかったので初美ちゃんと貸しきりました。
c0106084_2154699.jpg


people r walking right near from the train! 線路のすぐ隣が道。
c0106084_2181223.jpg


passing by another train 他の列車とすれ違ったり
c0106084_2111790.jpg



川を越えたり
c0106084_21104052.jpg



stopped by.. 途中でとまった駅
c0106084_21114175.jpg


can see rural scenery 田舎になってきました
c0106084_21123963.jpg



altitude is getting high 標高が高くてパンパン
c0106084_21135573.jpg



throwing ok, inclining ok  投げ捨てしok,乗り出しok
c0106084_21144923.jpg


still long until sunset
c0106084_21164195.jpg


ガンガン走ります
c0106084_21174243.jpg


almost! そろそろ沈むかなー
c0106084_21182993.jpg


waiting for sunset
c0106084_21211890.jpg




c0106084_21221530.jpg

↑↓ station with bdg of immigration office
c0106084_2123181.jpg



the next day... we are already in Mongolia :D 25 hours already in the train
c0106084_21241449.jpg


with Ko-kun, a boy sleeping in the 2nd next door
c0106084_2125418.jpg


after taking this picture↑, the train got to Ulaanbaatar station,

and we started work camp, and finished it,

and moved to the apartment in UB



at night in the apartment (the last day for me and Hatsumi)
c0106084_21265230.jpg


being forced 多少むりやり
c0106084_21282295.jpg


talking inside the closet until 4am 狭かった!眠かった!楽しかった!
c0106084_21293369.jpg


on the next morning. good bye ulaanbaatar :-(
c0106084_21312486.jpg


c0106084_21323356.jpg



lunch in the train!!!! 豪華でしょ!
c0106084_21325891.jpg



うっかりしてたら夕日がしずんでしまった
c0106084_21341261.jpg



huge egg plant n chili found in Chinese market
北京の市場で見つけた巨大ナスと唐辛子
c0106084_21351758.jpg



             the END


c0106084_21363535.jpg





長い旅だったけど あっという間。
モンゴル また行かなくちゃ   こんどはもっと長期で行きたいなぁ・・・




最後に
秋になって寂しかったり
いきなり体調くずして毎日クラクラだったり

心身ともにちょっとイマイチだったけど、
可愛い後輩の優しいメールとか 優しい後輩の可愛いメールとか(一緒か?)

友達とお好み焼きに行ったり
お母さんの小言にたて突いてさらに怒られたり
お姉ちゃんの誕生日を前日にギリギリ思い出したこととか

そういういろんなことがあって
しっかりしなくちゃぁ・・・と 心はまともになりつつあります

体がね ついていかないけど

がんばりまっする
[PR]

by damekochan | 2007-10-04 21:48 | モンゴル - Mongolia

Pictures of Mongolia-3


medyo recovered ngayong :-)


only pictures this time.


spring water : 4km from the farm
c0106084_19242974.jpg


Sa-ya@little gobi 無断掲載ごめんちょ
c0106084_19253765.jpg


Jackey
c0106084_19265366.jpg


shining lake pond 水たまり、きれいでしょー
c0106084_1928121.jpg


you can't tell our nationalities! 1 Mongolian, 1 Korean, 2 JPnese
c0106084_19291814.jpg


disco! at the last night with kids. oppa, sorry---
c0106084_19303970.jpg


boy's room バイラーの笑顔が最高☆
c0106084_1932122.jpg


shoji's funny face 変顔大臣
c0106084_19334114.jpg


Tamira's harem  女好きは子供のときから女好きと実感
c0106084_19341918.jpg


Hatsumi & Ganaa  兄弟みたいだよねー
c0106084_1935089.jpg


Aya & Melissa 後ろにバーターが見えます
c0106084_19352739.jpg


Amanda... キレイな年下のお姉さんでした
c0106084_1936193.jpg


Aya 子供に埋もれるあやちゃん
c0106084_19371339.jpg


Anujin & Inkhee  はるか もとい アノジュン
c0106084_19375687.jpg


Yuki & Jagaa このユキはanother yuki ね
c0106084_1940390.jpg



3 LOVEs by hands  トゥルガーがハートを作り始めました
c0106084_194053100.jpg


dinner いつもの夕飯
c0106084_19414254.jpg


Mako & Ganzo ガンゾーグッドマンと
c0106084_19423896.jpg



tree of kids   子供が実ってます
c0106084_19432221.jpg


with girls 子供たちがUB(ウランバートル)に帰る直前
c0106084_19441240.jpg



10 minutes to say good bye ヘンベが苦しそう
c0106084_20393078.jpg



trying to play hands' whistle ホーーって鳴るやつ
c0106084_194529.jpg



wall of play room. my sign is in the center with red pens :D 
c0106084_1922739.jpg


Naya teacher's sign and Hinbe's steps  ヘンベの足跡も
c0106084_20371076.jpg

[PR]

by damekochan | 2007-10-04 20:43 | モンゴル - Mongolia

pictures of Mongolia-2


Today i started to arrange photos of Mongolia to send kids in the child care center. less than 30 kids but numbers of pics that i have to develop is more than 100, perhaps up to 150 (medyo mahal... :P)

It's very late to start arranging pictures but I wasn't lazy to do this, just busy every day! (<-- excusing)   I had a study camp of my school last week and Im planning another study camp by U.N.U. from next Tuesday. Originaly Im not active person, so my body and mind are getting enfeebled...  how come i had planned such a tight schedule in July??


playing billiards
c0106084_10291281.jpg

c0106084_1032099.jpg


馬が近いよっ :D from car window
c0106084_1032424.jpg


頭の骨 a skull found near the camp
c0106084_10375511.jpg


@little gobi
c0106084_10394748.jpg


へのへのもへじ on the sand of little gobi
c0106084_10403119.jpg


senset starting around 8pm
c0106084_10411743.jpg


8:30pm
c0106084_10425652.jpg



Sumo by Shoji and younger sun of the host family in little gobi
(しょーじ無断掲載でオーチラーライ)
c0106084_10452072.jpg


playing jenga in rainy morning
c0106084_10524356.jpg


after the rain
c0106084_10544746.jpg





キャンプのの子供たちに送る写真を現像しようとおもって整理したら、なんと100枚を超えてしまった。でも1300枚中から良くとれてるのを選んでこの枚数だから、しょうがないかなぁ。

今回のキャンプではあんまり自分で写真を撮らないで子供と喋る時間を大事にしてたけど、カメラ貸して~、って来る子にデジカメ渡しているうちに、子供同士で写真を撮りあいっこするから自然なナイスショットがいっぱい撮れていたのでした。高校生の男の子の筋肉写真とか、美人のキャンパーの顔写真×10連続とか、いろいろ変なのはあったけど、でも、宝モノ。


楽しかったキャンプだけど、考えることや反省することは毎日たくさんあって、ああしてあげればよかったな、とか、逆にこんなことしちゃだめだったかな、とか、毎晩一人で、または友達と話しながら反省会をしてた。孤児院でのワークキャンプは、その場の判断が難しいできごとが時々あったり、常に緊張しているところがあって、時々子供たちが心に持つポッカリ穴のような寂しさや悲しさに直面して途惑うこともある。

そんなときに、どっしり構えて冷静でいられるか、理解しようと向き合えるか。何気なくぶつかる振りして擦り寄ってきた子どもを、冗談でぶつかり返すか、愛情をこめて抱きしめるのか。突然の癇癪や暴力の奥に泣き顔が見えるか。

どうしていいか分からないときばっかりで、情けなくなる。でも、気を使いすぎるのは無意味だし、距離をひろげっるだけ。だから、いつも、控えめな体当たりで子供の中に入っていこうとして、でも、ある一定のところでバリアーにぶつかる。


そんな繰り返しで、たった2週間のキャンプ期間はあっという間にすぎちゃう。2年前のはじめてのキャンプから、今回で3回目。この3回のキャンプを通して、ずっとこの「よくわからない距離感」の繰り返し。今回は中学生以上の子供と一緒のキャンプだったけど、幼児や小学生も一緒のキャンプでは、もっと戸惑うことが多かった。0歳から18歳まで、300人の孤児。250万人の人口で1万人いるといわれるストリートチルドレンのなかで、施設にいる彼らは恵まれてるって言う人もいる。、でも、やっぱり辛いことはたくさんあって、ふとした瞬間に心が石みたいになったり、ひびが入って雪崩れがおきたりする。




そういう雪崩を防ぐために、傷つかないために子供が見せるバリアー。そのバリアーを、ボランティアの一人に過ぎない私が越えてはいけないって直感は、常にある。
(バリアーって言うより、近寄ったら面倒がられて無視されることも多々あるけど・・・orz)

でも、2回目は初対面のときより、3回目は2回目より、そのバリアーが薄くなっているのも感じた。

2年前には見ることのなかった子供たちのずるい面。ボランティアと子供たち、お互いにええかっこしいの2週間の関係なら見ないであろういろんな側面が見えてきて、だから私も子供たちに譲れない物事が増えてきて、そういうことを見せ合って、交渉するうちに距離が狭まってきたように思う。

2年生の時に出会った120/300人の子供たち。私のこれからの人生をこの子達と関わって過ごしたいってすごい強く思って、その情熱が冷めなくて、とりあえず卒業研究の対象にした。フィリピンに留学してるときは開発を勉強してチンプンカンプンながらもフィリピンの人々の生活が分かってきて、彼らに興味と愛着がわいて、みんながもっと豊かに、幸せになることを願いながら、それでもいつも頭の隅っこ1/10くらいでモンゴルの子供たちのことを考えてた。

私がこんなに情熱を持ってても、子供たちは私のことなんか次のボランティアが来れば忘れちゃうくらいの、いわば片思い状態なんだけど、それでも、こうしてすごく、すごく心奪われる子供たちに、場所に出会ったことはある種の縁というか、運命だと思うから、できるかぎり関わっていこうと思う。




うううん 長い日記になってしまった。

今日は

これまで。
[PR]

by damekochan | 2007-09-17 11:01 | モンゴル - Mongolia

pictures of Mongolia-1


it's already 10days since I got back from Mnoglia!

I should write those memories of my trip when I still can remember vivid details n my feelings of each moment.

This trip in Mongolia could be the last trip for me to visit kids in the orphanage. I don't know if I can visit them again if I start working next year. So those 3 weeks of the trip and particularly the 2 weeks with kids was specially unforgettable in my life. 'Hunched' last moment is always special in any situation.






@little gobi (Harahorin)
c0106084_08971.jpg



walking with kids for spring water (4km's walking under the flaming sun!)

c0106084_018627.jpg



farm dog
c0106084_0122260.jpg



@ little gobi again :D
c0106084_02135.jpg




*************************************************


Today I came back home from a study camp in Karuizawa. It was harder than I expected (we didn't have enough sleep during the camp because of non-stop card playing!!!ww) Hard study, good play, easy drinking, lots of learning... hm,nice camp :) but Im exhausted tonight...

I'll show other pictures in my blog on another day. I have many nice pictures of Mongolia that i want to share with you.


あ~~脈絡のない写真の羅列!

でも いいやね 書き始めたことが大事だいじ。笑


今日軽井沢のゼミ合宿から帰ってきました。その前からの疲れとあいまって、目が回るほどにクタクタです。

おやすみなさい!!
[PR]

by damekochan | 2007-09-14 00:24 | モンゴル - Mongolia

Im home! ただいま~

Im home! :D

I got back from Mongolia today around 8pm.
it was 3 weeks of trip incluing staying in Beijing before and after the camp in Mongolia.

Aaaaa during the trip i met many people and I loved all of them! ( pero walang romance! sayang! www)

i have lots of stories to share, but now, Im too tired after 30 hours of train trip... I think I should go to sleep now cuz my sight is turning around and around...


good night po!

see you tomorrow :-)


モンゴルから帰ってきました。
クタクタです。でも、すごく、すごく楽しかった!いろんな人と会えて、再会して、笑って食べて泣いて踊って走って日焼けして満腹で寝る、見たいな毎日でした。

こんな素敵な旅をどうもありがとう。

とりあえず、寝ます。





モンゴルっぽい写真を一枚。モンゴル日記は次回から☆ @ Little Gobi
 
c0106084_022824.jpg

[PR]

by damekochan | 2007-09-04 00:25 | モンゴル - Mongolia