<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

においのはなし  と  アンハのこと


5分前

この秋初めて、灯油ストーブに点火

たまりません このにおい

もー気絶しそうに しあわせ




ストーブに着火すると、ちっちゃいころからの家のあったかい思い出がぶわっとよみがえる

たまらなぃ気持ちになってもだえてしまう ほんとうに身もだえするほど幸せ



へんな子 と親は言うけど





少しはなれたところから漂うたばこのにおいも好き

私の周りの好きな人たちが吸ってた匂いだから 臭いとは思わない

父ちゃんの匂い 彼の匂い 寮の窓からただよってくる匂い いい思い出のにおい



冬はいいにおいが遠くから運ばれてくるから いいねぇ




夏の匂いといえば ココナツの洗剤の匂いも好き

ココナツの洗剤で手洗いした服の匂い

トーキョーではぜったいにかげない 幸せの匂い


あまずっぱー・・・





*************************************
HYL,

thanks for the gift, cute cute bath form
(my cat loves its smell)

Im writing a letter, not Email, to you tonight
   i started writing this last night but still cant finish

ayy i miss you so much

i wanna live in F-wing again
         where i can see you in 1 min after sending a text message

*************************************


去年、わたしやアノジュンがよく知っている モンゴルの男の子が亡くなった

日本人の名前を自分でつけてる男の子 調子がよくて根暗で良く分からない子

亡くなったって

その理由を聞いて 気が遠くなった 


すごく悲しい事実だったのに、
とっさに「もしかしたらありうる、仕方ないこと」として心の中で整理した

自分の心がえぐられないように 



本当はやりきれないことで 切なくてしかたない

どうして

どうして彼は 彼の人生は こんなに苦しいまま終わっちゃったのか

19歳まで生きたのに。

あるいは20歳になっていたかも


神さまは彼への重荷のかけ方を間違えてたと思う


**

そんなふうに、彼の死の理由を聞いたのが、今年の夏。


そして昨日、その死についてよく知る人から、もう一度詳しく聞いた。

いろんな情報があるみたいだけど

もしかしたら 彼の死の事実は 私たちが思っているのと違うかもしれない

私たちが驚いたように

彼も 驚きながら亡くなったかもしれない


死なないでほしかったけど

せめて その死が、 突然やってきたものであったなら


・・・あったならどうとか、 そういう問題じゃないけれど、

それでも 

願わないではいられない。



**


実はもう一人 女の子が亡くなっていた

昨日初めて知った


細くて小さくて ほかの子たちと同様に 実年齢よりはるかに幼くみえる女の子

大人たちやボランティアが何を考えてるか察するのが早い彼女


彼女の具合が急に悪くなって病院に連れて行ったとき

腎臓病はもう手がつけられないほど悪化していた

手術もできなくて 3日後に病院で亡くなってしまった


モンゴルの子どもたちにとっては おそらく よくあるケースかもしれない

でも

もし施設が政府からもらっているお金をきちんと運用して

子どもたちにMedical Screeningを受けさせていたら

きちんとバランスの取れた食事を提供できていたら

もし 彼ら彼女らが 別の慈善団体や個人の運営するシェルターにいたなら

あの子たちは助かっていたかもしれない



やりきれない気持ちになるのは わたしじゃなくて 子どもたち自身や

まわりにいるやさしい大人たち、先生たち、NGO職員、

そして生きているかも 死んでいるかもしれない彼らの家族


彼らの毎日の苦しい気持ち 心がすさむような毎日の出来事

悲しみに負けられないくらいに次々起こる悲しいこと


そういうものは どうやったら減るんだろう




幸せと不幸は 引き換えじゃないと信じている

誰かの幸せが 別の誰かの辛い出来事の上にあるって

そういうこともある けど でもそればかりじゃないと思う


だから 

私の大切なひとたちの辛いことを減らしたい

遠くにいるモンゴルの子どもたちのことだけじゃなく

私の周りにいる みんなのこと



生死のあやうい線上にいる子どもたちのことが いちばん気がかりだけれども
[PR]

by damekochan | 2009-10-26 22:18 | モンゴル - Mongolia

ちょうど5ヶ月前の今日の


ジェシカに書いていたメールの下書きを編集しようとして、
ふと 今年の5月に作成している下書きメールに気がついた

なんで5ヶ月も前の下書きが?と思って開いてみると
ブログの文章の下書きみたいだった。

こんなの書いたのすっかり忘れてた けど 
紹介している詩はとってもいいので、紹介します。
歌で知っている人も多いと思うけど。


この詩を初めて読んだ時に 胸にぐっときて泣いてしまった。

これを 人に伝えたい と思うその前に、本当は 自分の胸に染み込ませたい。






(それにしても 下に書いた「友人」がだれだか、ぜんぜん思い出せない。。。)



-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------



『最後だとわかっていたなら』 

友人がこんな文を紹介してて、あまりにもよかったので載せてみます。




「最後だとわかっていたなら」

作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


『最後だとわかっていたなら』(サンクチュアリ出版)より


-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------



■近況写真■



先月の 父ちゃんの誕生日  ちっちゃく掲載。

c0106084_23181513.jpg

                              (TシャツはなにげにIsawだよ!)


尾之間の散歩中 行くさきにねこ




こめつぶ
c0106084_238583.jpg


いたいた
c0106084_2381813.jpg


まだ近寄れる?
c0106084_2383362.jpg


どーもー
c0106084_2344289.jpg

[PR]

by damekochan | 2009-10-18 23:07 | ただの日記- diary