きく


人の話を聞くことがすきになった


前は 自分に語っているひとの話を聞いてるフリをしたり、

フリをするにも飽きちゃって その場からsnake outすることも多かったんだけど、

このごろ 誰の話も 本当に面白く聞けるようになってきた



多分 自分の興味の幅が広がってきたせいかしら

あと 人の話から得る情報や学びがけっこう有益だと実感してきたからかも

(↑なんか偉そうなモノ言いだけど。笑)


なんにせよ いいことだなぁって  嬉しい。





でも、聞き方がどうもヘタみたい。
ラジオを聴いてるみたいに 無反応になっちゃう

相手が安心して話せるように相槌をうったり、
話がスムーズに進むようにチョット質問したりすること 大事だと思うんだけど

むつかしいねぇー



今年の課題はいちおう OUT PUT だけど

聞き上手にもなりたいです。



今日焼いた プルーンのパン

c0106084_18552875.jpg

今度は自然酵母作りに挑戦するぞー
[PR]

# by damekochan | 2009-09-23 18:56 | モンゴル - Mongolia

セルフチューニングの奇跡


今年の夏は 農作業したり 浴衣着たり たくさん料理したり 夏らしいこともしたけど
あぁ 花火をしていない 海も行ってない

でんちゃん、 手持ち花火 企画して~・・・

秋の花火 いいじゃん オツじゃーん またハンガーかぶろうよ








うちのお父さん
c0106084_011068.jpg



じつはふたり
c0106084_032119.jpg

              ボーイズビーアンビシャス        今日はそこまでっ!


あと 会社の机にもうひとりお父さんいる   でも私はauユーザー。







先月 ンヶ月ぶりにピアノを弾いたら

鍵盤と音が はんぶんくらいずれてるのでは??というくらい チューニングが狂ってた

それで こりゃあ調律師を呼ばないともう弾けないなー と思ってたんだけど

今日 一月ぶりにピアノを弾いたら

なんと チューニングがぴったりと合っていた

うちのピアノったら 自分で勝手に音を合わせた

奇跡じゃー!







そんな奇跡に胸おどりながら

レミオロメンの3月9日と

bankbandの糸と

STARDUST REVUEの 木蘭の涙


の 伴奏を作ってみた




久しぶりの伴奏作り 心おどり 指もつれ。



楽譜には描かれない伴奏を弾くのは楽しい

弾くたびに違うのが楽しい


メロディーもベースもぜんぶ弾いてみる

誰かが隣で歌ってるつもりで 伴奏に徹してみる

合唱曲風にしたり

心地いいところまでキーをずらしたり

YoutubeのPVにあわせて弾いてみたり



そういう あたし色をだせるのが 伴奏作りのたのしさ? 








ということで

でんちゃん、 花火4649! 

冬でもいいよ☆ わたし花火用意するので =3 =3
















[PR]

# by damekochan | 2009-09-07 00:14 | ただの日記- diary

output


むしあつーい大好きな夏です

でも ムシムシばっり肌で感じて、肝心の太陽を浴びることがなかなかできません
太陽が出ている時間に外を歩けません

オフィスの窓から見る日本橋の空は 真っ青な夏休み色なんだけどな~・・・





先週の金曜日から日曜日まで 名古屋に行って来ました

ゴジカラ村で畑の開墾作業に参加してきました。

久しぶりの遠出、ハードワークながらもノンビリ楽しみました。
大好きなみわさんにも会えたし、うれしかったなー



かまどでごはん  煙モクモク
c0106084_21263223.jpg



畑しごと終わったあとの空
c0106084_21281122.jpg



今から帰るとこ 軽トラ組
c0106084_21285890.jpg



みわさんと   恥ずかしいので小さくアップ
c0106084_21332015.jpg



逆光だけど 古民家の周りはこんなかんじ
c0106084_2132194.jpg






気持ちや考えを 上手に言葉にすることのだいじさをひしひしと感じる 今日このごろ。


「なんとなく伝わるだろう」とか「伝わるところだけ伝わればいいや」って思ってたけど、

やっぱり 分かってほしいこと 伝えたいこと を 相手に苦労なく分かってもらうためには

上手に わかりやすく 言葉にすることがだいじだねぇ


当たり前のことだけど むずかしいこと

でも めんどうくさがらずに頑張ります  
大事な人とつながっていくためには必要だから
[PR]

# by damekochan | 2009-08-11 21:43 | ただの日記- diary

2nd chance と ひとり旅のこと (2)


妄想の話が長くなったので ひとり旅はページを改めて書くことにしました


ひとり旅については妄想の話じゃなくって、日ごろ思ってることなんだけど

わたし ひとり旅はしたことがない し これからもしないと思う

だって 一人で旅をしたくない できる気がしない



一人旅は自由だからいいって言うけど、それはすごく分かるけど、

でも、私にとって旅は

気の向くまま 足の向くまますすむものじゃなくて、

一緒に旅するだれかと ご飯や町並みやハプニングを楽しんで、
ときどき夜中に深い話とかして、
そして、その土地その土地の匂いを 同じ色の思い出として共有するような
そんなもの

あるいは 
一人で出発したっていい
行く先に待っててくれる人がいて、
久しぶり!会いたかったね! って笑顔を交わせれば
そして 話しているうちに時間が戻っちゃうような、そんな懐かしくて新しい 旅の時間を過ごせれば

私にとって旅って そういうもの

だから、一人で、見知らぬ土地と見知らぬ人を求めて旅に出るなんて
いまはとっても考えられない。




なんでこんなこと考えたかっていうと

もともと考えてたことではあるけど、 特に、

沢木耕太郎の 「旅する力」 を読んだからだと思う


深夜特急 読むだけで胸がうずうずして航空券を買いたくなる
旅する力 を読んでも やっぱりスカイゲートを開きそうになる

でも、わたしは彼のような旅のスタンスは、きっと ずっと持たないんだろうなぁって思う

さみしい とかそういう一言では上手く言えないんだけど、

一緒に行ってくれる誰か とか、 会いに行く誰か とか
そういう誰か がいなければ 旅に色がつかないような気がする




あたし地図もぜんぜん読めないし
人に道を訊くのは得意だけど
それでも だれかと一緒に歩くんじゃないと おもしろくない気がする
[PR]

# by damekochan | 2009-05-24 23:07 | ただの日記- diary

2nd chance と ひとり旅のこと


何日か前 お風呂につかって妄想タイムしながら考えた

甘ったれのわたしの行く末を考えた

わたし

これやりたいー って言って、 だれかにダメ って言われても、
駄々こねたり、ちゃらんぽらんと言い訳して
自分のやりたいようにやっちゃうことがたまにある

一回だけだよ って約束したものを
     や、やっぱりもう一回!みたいに許してもらうことも多々ある・・・気がする

だって わたしの周りの人たち やさしいんだもん

だめ? ってきくと しょうがないなぁ って許してくれちゃう。
5分前にブーたれて超失礼な態度をとっても 今 申し訳なさそうな顔をしてみると許してくれちゃう。

家族を筆頭に そんな甘い人たちがいっぱいいて、私を甘甘と見守ってくれてる
または あきれて見放しちゃってるだけかしら?




でも、と お風呂の中で考えた。

こうやって いっつもセカンドチャンス? をもらっている私って、人としてどうなんでしょ

こうやって さっきの悪い態度 とか このあいだの約束 とかを 
許される前提で、確信犯でひるがえしちゃうのって とうなんでしょ

だめでしょ


だって こんなわがままなクセをつけたままじゃぁ

きっと結婚(←話が飛躍するけど)も 甘く忍耐強い相手を選んじゃいそう(←そんな人いるかなー)
そして今と同じようにセカンドチャンスを前提に自分のわがままを通して生きちゃいそう

でも もしその結婚相手が突然事故にあって死んじゃったら(←話が飛躍するけど)、
死はセカンドチャンスをくれないから、
私は一生 いっしょう後悔して、
なんでもっとやさしく親切にしなかったんだろうとか、なんで誠実にしてなかったんだろう とか
いろいろいろいろ考えて、悲しみと後悔から抜け出せないと思う

そして 死んだ相手もきっと なんであいつは あと一歩やさしく誠実になれなかったんだろう って
あたしのこと考えて お墓の中でちょっと首をかしげちゃうかもしれない



そんなのは嫌だから(考えるだけで涙でちゃう)、

セカンドチャンスを求めない そんなもの前提にしない生き方を見につけなくっちゃって 
風呂の中で決心しました

家族にも ちょっとイラっとしたときの失礼な一言とか 言わないようにしようと
24歳にもなって 意識をあらたにしました



以上
[PR]

# by damekochan | 2009-05-24 22:45 | 旅 - my trips

よわよわ


今朝の夢は二本立てでした。




一本目は すごく幸せな夢

大切な友だちと再会した夢

どちらかというと聞き役で いつも静かなその友だちは、
隣にいるだけで安心するような雰囲気を持ってる

夢ではほんのちょっとしか一緒にいられなかったけど、 
懐かしいみんなで夜道を練り歩いたりして、とても楽しかった

別れ際 ぎゅっとハグした感触が本物みたいだった

すごくリアルで、でも夢の中っぽく薄モヤがかかってて、不思議な感じ
そして 幸せでいっぱいだった

夢だから 本人は何も覚えがないだろうけど、

どうもありがとう










二本目の夢は

ロッカーとおじさんが出てくる、怖くてどうでもいい夢だった。残念!


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



あたし 普段は

強気でも弱気でもなく マイペースに毎日すごしてるんだ け ど

昨日の夜から 突然 弱気の波が よわよわときてしまった



人のことばとかメールとか 普段は気にならないことが 
             ちょっとずつ気になっちゃって心がやわいかんじ

突っつかれたら素直にへこたれちゃう





この ちょっと不安で すごく寂しくて でも原因を特定できないもやもやの感情って

なんなんだろう

たとえ冗談でも ばかって言われたら、
そうだよーばかですよーって泣いちゃいそうな このよわよわな感じ

なんなんだろう


明日になったら消えてなくなっているといいな











結構前だけど 東京マラソンの写真@浅草  コスプレしてる人のほうが普通なくらいな後方集団
c0106084_21195215.jpg

[PR]

# by damekochan | 2009-05-17 20:55 | ただの日記- diary

Free Hugs



日曜日

春合宿の帰り道にNICEのみんなで代々木公園のジャマイカフェスティバルに行きました
それはそれはすごい混みようで レゲエのおにいちゃんおねえちゃんでごった返してました


ギラギラの日差しと熱気で アフリカ各国のカラフルな衣装や旗が映えてキレイだった!
はちみつレモンビールがおいしかったなぁ



@ジャマイカフェスタ   両端のふたり 目つきわるーい
c0106084_044787.jpg




そしてフェスティバルを抜けて原宿の駅まで歩いて 山手線でかーえろ

と思ったら 道の反対側に FREE HUGS の陽気な人たちが!




おもわず 隣にいたマーシーを押し出して ヒデも押し出して 二人のハグを写真にとって

ついでに私も元気なおねえさんとハグ    あはは

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼




おまけ 代々木公園のナナメ向かいくらいで注目されてたおにいちゃんたち   髪の毛盛りすぎ
c0106084_075684.jpg










最近天気がよくて 日差しも強くなってきてすごく嬉しい!

早く夏になって 
豪雨とか熱帯夜とか 湿っぽい土のにおいとか夜風とか そういう幸せの素をはやく感じたいな
[PR]

# by damekochan | 2009-05-12 00:20 | ただの日記- diary

Feb 9, Thanksgiving Day

Feb 9th


                  was my 24th birthday.



                                     though I don't look like 24..




It was so sweet of my best friends to send me birthday gifts(through overseas courier!), text messages at 12:00am(sorry for sleeping at that time! :P), and even taking me to a good dinner;D aha..sarap!
I really appreciate their warmheartedness.


Here's a small finding of mine about 'Birthday'.

Spending quiet and happy birthday with my family, I suddenly thought 'Birthday' is the biggest Thanksgiving Day that I can show my love and appreciation to any, any people without remitting the subjects.

Mother's Day, to Mom
Father's Day, to Dad
Thanksgiving Day, just a national holiday in Japan (?)
Birthday, to all the people I love.


On usual days, it's kind of hard for me to tell my family how much I love them and feel grateful for what they've done to raise me up till today (Actually I never tried to tell such things right to their faces),
Maybe Birthday makes it easier...

Showing appreciation to people on their own Birthday could be a simple, accepted thing to some people but I never felt in this way till very recently. 


Next year I will try to spend more time with my family and try to be nicer :D





このあいだ、誕生日が無事すぎて 24歳になりました

毎年 自分の誕生日は全然めでたいかんじがせず 
一人でフラフラっと過ごしている私ですが、

今年も早めに仕事終えて池袋で買い物して 家でアメリを観て過ごしました。3回続けて観た。

自分の誕生日が特別な日だと感じたことがない

友だちの誕生日はおめでたいと思うし、お祝いしたいんだけど、

自分や家族の誕生日は、ただ平穏に普段通りに過ごしたいなぁ と 思ってる。

だから ほとんど忘れかけてるような自分の誕生日に、友だちが不意にお祝いしてくれると、毎年、本当に新鮮にびっくりして嬉しくなってしまう。



そして今年も、うれしいことに

韓国やフィリピンやアメリカから ギフトを送ってくれた友達がいて

12時きっかりに、メールを届けてくれた友達がいて  その時間には寝ていたけれど

そのほか色んな人から、メールやメッセージを頂きました

思わぬ人がディナーでお祝いしてくれました


なんか 久しぶりにサプライズをしてもらった感覚

本当に、どうもありがと~






+++ついでの話+++

あたし 知らず知らずのうちに 感性が角質化してしまった



前と同じように 

いろんな人に会って 色んな話聞いて 敢えて自分を外気にさらそうとしてる。
 
でも、目の前のものとか 聞いた話とか 理解できるのに、心では感じられない。

もっと目にしたもの 触れたものに、 感動したり憤ったり、 胸躍る感覚を持ちたいのに

そのプロセスが凍りついたみたいな

むむむむ うまく言えないが



なんか 頭が爆発するような勢いで興奮したり

辛い思いをする友達を思って胸が痛いことがなくなった


ずっと持ち続けたい感覚なんだけど。。。
[PR]

# by damekochan | 2009-02-15 23:53 | ただの日記- diary

JAN 25



みなさま!

まずは言っておかなくては。  

明けましておめでとうございます   
昨年は いろんなひとに 大変お世話になりました。
この一年も どうぞよろしくお願いします。






いひひひ もう1月も終わりますけどネ




12月1月と 忙しい中にも 楽しい出来事がたくさんの毎日を過ごしました。

特に 留学中やモンゴルでのワークキャンプで出会った友だちとのReunionが続いて、

毎週末だれかと会って東京を案内したりお茶したりしてた。

Reunionでは ながーらく会ってない人たちにも会って
嬉しかったのと同時に 当時のいろんな思い出や嵐のような胸中がフラッシュバックして、
くらっと眩暈がするような 不思議な感じがした


Jamie 来日Part2!
c0106084_22233492.jpg



c0106084_2225634.jpg



c0106084_2226741.jpg


@大江戸線
c0106084_22265031.jpg


@Asakusa w/ A, Aryan, and Taku
↓Aってば この後 「飴が甘すぎる」と水あめをはがしてイチゴだけ食べてた
c0106084_2228024.jpg


@東京タワー のふもとの 夜の遊園地
c0106084_22293946.jpg



c0106084_22302890.jpg



c0106084_2231850.jpg



c0106084_22312835.jpg





そして自分も年末には韓国に行って 大好きな友だちに片っ端から会ってきました。

ほぼ同い年の友だち、みんな仕事してて忙しいのに できる限り時間を割いて会ってくれて、

暖かいおもてなしを受けました

韓国人のホスピタリティにじわっときちゃった


いらっしゃいませ韓国
c0106084_22385566.jpg



c0106084_22394726.jpg



こんな人にも会いました!
c0106084_22444320.jpg



c0106084_22414683.jpg



c0106084_22421610.jpg



c0106084_224304.jpg








ところでまだ1月 まだ今年の抱負をいっても遅くない (ちょうど旧正月だしね)


2009年は、

とにかく 忙しく過ごそうと思います。

社会人になって もうすぐやっと1年   1週間、1ヶ月が飛ぶように過ぎるって分かった。

平日夜や週末にノンビリ疲れを癒してたら とっても時間が足りないと思うので、

今年は、体を酷使して セミナーに出たり ボランティアしたり いろんな人に会いに行こうと思います

この1年は 私にとって準備の年だから、

人や旅や本から いい刺激を受けたいし、

この2年くらいで鈍ってしまった感受性も豊かにしたい。 




と 思います。

それから、具体的に磨こうと思っている技能は

ズバリ OUTPUT  の 能力。

話し方や 説明の仕方や 書き方   とか こういうブログの表現さえ

上手に的確に思いが伝わるようなアウトプット能力を きちんと身につけたいものです。



それからー

うーん 家族に甘えすぎるのを ちょっとセーブしようかな  しなきゃだな

最近 いかに自分が我がままか 実感するし 周りからも言われるので

たぶん今が 取り組みどきなのでしょう・・・






というかんじかな?

ブログに抱負を書いておけば 来月とか(早い?) 決心を忘れた頃に読み返せるからいいね







ではでは

みんなにとって 今年も毎日が充実した良い日々になりますように!!





かしこ

ゆき
[PR]

# by damekochan | 2009-01-25 22:45 | ただの日記- diary

おくりびと と ミスド



昨日、思い立って映画を観にいった。

普段から映画館に行くと邦画ばかり選んじゃうので、今回はスカっとする洋画を。。。

と思ったけど、結局、邦画『 おくりびと 』にした。

故人を棺に納める「納棺士」として人生の再スタートをきる、元チェリストの男性が主人公。

死ぬこと、家族のつながり、生き方の多様性、
色んなテーマが盛り込まれていて、映画を観ながら何度も自分の人生を照らし合わせて
考えてしまった。

今までは映画や本を選ぶ際、「人の死」がテーマのものはなるべく避けてきたけど、
この映画はなんとも温かくて、人間の優しさをじんわり感じられるような作品だった。
久石譲の音楽もしっとりと 時にドラマチックで よかったなぁ 

観終わったら目がお化けのように腫れたなぁ



+++




さて、この一ヶ月私は何をしていたのかというと


10月
第4週まで しぬほど忙しくて 帰りの電車では毎日 隣のおじさんの肩を枕に熟睡していた


第5週から 待ちに待った夏休みをとり、ベトナムーカンボジアータイ の旅行へ :D
夢のような10日間、本当にたのしかったなぁ
タイでずっと会いたかった友達にも会えて嬉しかった。
わがままな私の旅の友をしてくれたとむに感謝です。


ホーチミン サイゴン川に停泊するシャチ船  たしか船上で結婚式してた
c0106084_1341422.jpg



11月
第1週 旅行から帰ってくるなり 仕事の締め切りに追われ、
しかも資格試験が来週末に迫り、
毎晩会社帰りにミスドで1時間勉強して、家に着くのが11時すぎ そのままベッドに直行の日々



今週末
つかれたので とりあえず勉強は忘れて 映画をみて肉じゃが作って 
これからビデオ屋さんに行って、また何か映画を借りてくる



+++

清瀬のミスドに ちょっと変わったちょんまげ兄さんがいる
たぶん毎日 ミスドで食べてるそのお兄さんのちょんまげは 
ちゃんと月代(さかやき・・つるつるの部分ね)があって、しかもちょんまげの紐は
レインボーカラー。。

高校生の頃から ミスドのウィンドウの外から彼を目撃していた私
最近は店の中でまじまじと見ることが多い(本人は気づいていない)

いつもピタピタの競輪選手のようなスーツを着てる彼は、
数年前はマッチョだった気がする けど 最近はどうもミスド体系になってきたみたい
やっぱり毎日ドーナツ食べてると 体も丸っこくなるんだろうな


この一週間、毎晩ミスドに通って分かったけど
ミスドのドーナツって 食べ続けると中毒になる。 飽きるんだけど 次の日もまた食べたくなる。


そんな発見から、ちょんまげ兄さんが毎日ミスドに出没する理由はわかったけど、

でも なんで彼がちょんまげしているのかは まだナゾ。



あー  くだらないというか しょうもなぃ











プノンペン 王宮近くの広場で商売しつつだべる ジベタリアンおばちゃん
c0106084_13482051.jpg



バンコク 王様の御妹が亡くなって、王宮でセレモニーをしていた
c0106084_13525065.jpg

c0106084_1353928.jpg



シェムリアップ 水上で暮らす人たち
c0106084_1424556.jpg

c0106084_14251512.jpg



++おまけの話し**

シェムリアップ→バンコクのバス チケット買ったのになぜか席が足りなくて
とむは即席プラスチック椅子へ 道が舗装されてなくてBumpingだったのに・・・欧米人がおもしろがって写真撮りまくってた わたしも撮った
c0106084_1891771.jpg



そのバスが壊れて ミニバンに乗り換え
c0106084_1354134.jpg



ミニバンもいっぱいいっぱいで
c0106084_1445072.jpg


最後の打撃は タイに入国してから乗り換えたバスの故障。笑

なので もう一度乗り換えてバンコクに到着。
結局シェムリアップからバンコクまで14時間かかっちゃった~ 
[PR]

# by damekochan | 2008-11-09 14:29 | 旅 - my trips